3D計測・MMSの委託サービスを提供する株式会社SGS 設計や検査に3Dを導入するメリット

設計や検査で3Dを導入することで、驚くほど作業が効率化します。今までは上手く伝えられなかったことが3Dになればスムーズに伝えられ、検査でも一目で形状の違いを見分けられるため、作業にかかる時間がかなり短縮できます。本記事では、設計と検査に3Dを導入するメリットを、3D計測サービス・MMSの委託サービスを提供する株式会社SGSがご紹介します。

設計に3Dを導入するメリット

Benefits of introducing

設計に3Dを導入するメリットは主に2つ挙げられます。

設計者のイメージを正確に伝えられる

設計に3Dを導入するメリットは、設計者が作りたいと思っている製品を3次元で表すことができる点です。2次元の設計だと、見る人によって印象が違い、イメージがしづらいです。しかし、3Dになることで誰でも簡単に形状を把握でき、イメージができるでしょう。

設計作業がスムーズ

2次元から形状をイメージする必要がなくなることで、作業をする誰もが同じ形状を認識できるため、設計作業そのものがスムーズです。また、作成した3Dデータは体積や表面積の表示ができるため、材料の指定や質量、重心も容易に求められます。もちろん、できあがった状態の動作デモも簡単です。2次元にはない、3次元だからこそのメリットが設計には生かされます。

株式会社SGSでは、設計に3Dを導入するために必要な3Dレーザースキャナーのレンタル・販売を行っています。MMSなどにも欠かせない3Dレーザースキャナーは、高精度な物を取り揃えています。ご希望に合わせて3D計測サービスを行うこともできます。

確かな測定技術で3Dを用いた設計をサポートさせていただきます。販売しているスキャナーの中には、複数のアプリケーションを1台で確認できるスキャナーもあり、データ・状況を簡単にご確認いただけます。様々な用途でお使いいただける3Dスキャナーや3D計測の委託サービスを利用するなら、ぜひ株式会社SGSにご相談ください。

検査に3Dを導入するメリット

3D for inspection

検査に3Dを導入するメリットは、主に2つ挙げられます。

時間の短縮につながる

検査に3Dを導入するメリットは、容易に形状の確認が行えることです。完成したものを3Dスキャンし、設計した3Dデータと重ね合わせると、形状の確認ができます。形状が合わない場所がないかを容易にチェックできれば、検査にかかる時間も大幅に短縮できます。目視ではわからない小さな形状の違いにまで、気づけるでしょう。

説明資料で活用すれば形状把握や検査ポイントを正確に伝えられる

検査作業者に対する説明資料としても、3Dデータを活用できます。形状の把握、検査ポイントを理解するサポートができ、検査治具を3Dプリントするという活用方法もあります。

株式会社SGSは、3D計測サービスやレーザースキャナーのレンタルなどを行っております。モービルマッピングシステム(MMS)での使用や計測サービス、データ処理受託など、お客様のご希望に合わせて委託していただけます。また計測対象に応じた様々な3Dスキャナーを保有し、提案できるため、用途に合わせた3Dスキャナーをお探しの際はお申しつけいただければ、ぴったりのスキャナーをご提案させていただきます。3D計測サービスを委託したい、3Dスキャナーの購入を考えているという方は、ぜひ株式会社SGSまでご相談ください。

3D計測・MMSの委託サービスを提供する株式会社SGS

3Dを導入することで、2Dだったときとは比べ物にならないぐらい、利便性がアップします。誰でも容易に形状やデザインの情報が確認できることによって、作業効率が高まる点は最大のメリットといえます。無駄なことに時間を割く必要がなく、コミュニケーションも円滑になるでしょう。

株式会社SGSでは、3D計測サービスを行っております。MMSの委託サービスも受け付けているため、ご希望に合わせてご依頼いただけます。3D計測サービスのご利用や3Dレーザースキャナーの購入・レンタルをご検討中でしたら、ぜひ株式会社SGSにご相談ください。

設計と検査に3Dを導入するメリットを、3D計測サービスやMMSの委託サービスを実施している株式会社SGSがご紹介します!

会社名 株式会社SGS
住所 〒530-0051 大阪府大阪市北区太融寺町2−22 梅田八千代ビル4階
TEL 06-6355-4545
FAX 06-6355-4590
URL https://www.df-sgs.co.jp/
代表者 久松 秀雄
資本金 9,000,000円
事業内容

カタログダウンロード

イプロスカタログダウンロード

PAGE TOP