3D点群データを外注するなら!レンタル・販売にも対応~点群データの活用法~

レーザースキャナーは、一度に大量の点群データを取得することが可能です。また、同時に写真撮影をすることで、色情報を点群データに付与することもできます。こちらでは、点群データの代表的な活用法や、3Dレーザースキャナー計測の事例などをご紹介します。

点群データの代表的な活用法

ファイルの内容を確認する作業者

点群データは、平面図・断面図・立面図の基礎データとして活用することができます。図面は3Dレーザースキャナーで現場を計測し、その点群から作成します。点群は任意の箇所で切り分けることができるため、図面が欲しい箇所の断面がすぐに入手できます。

そして、建築や土木など様々な業種から注目を集めているのが、3Dモデリングです。点群データから3Dモデリングにすると、その構造物や地形がどのようになっているのかを3次元的に知ることができます。3Dモデリングは図面とは違い、構造物そのものをモデリングするため、より詳細な情報が得られるのです。

3Dレーザースキャナーを用いた具体的な計測事例

青空を背景に写る橋梁

橋梁

数年に一度の点検調査が実施される橋梁は、竣工時の図面がないケースも少なくありません。3Dレーザースキャナー計測による平面図や断面図は、現状を把握するのに役立ちます。

木造建築

3Dレーザースキャナーを用いることで、柱や梁、大引き、垂木、間柱などの現況を計測することが可能です。建築構造を支える骨組みの形状が分かりやすく、壁に設置された断熱材の状況なども容易に把握できます。また、床下の状況が明確に把握できるため、床伏図の基礎データとして使用することも可能です。

道路擁壁

継続的な計測により、災害予知など災害対策に役立ちます。3Dデータを可視化することで、より詳細な情報分析が可能になります。

トンネル

工事前と工事後に計測することで、コンクリート巻厚チェックが簡単にできます。また、ひび割れや欠損部分の位置情報を知ることで、その後の対策や維持管理として役立ちます。

プラント工場

設備更新時において、設備の入れ替えに伴う搬出入ルートの確保や新しい配管ルートの計画などで活躍します。3Dデータで事前にシミュレーションできるため、効率的です。

現場調査の概念が変わる!3D点群データの魅力

平面図・断面図・立面図のすべてを点群から作成できるため、スケールを持って何度も現場に行く必要がなく、オフィスにいながらも画面で簡単に確認することが可能です。

コストや手間が削減できるため、これまでの工事プロセスやシミュレーション業務に変革をもたらします。また、作業の短縮だけでなく、安全管理にも大きな役割を果たします。

3D点群データの作成を外注するなら株式会社SGSへ!計測機器のレンタル・販売も

3Dモデリングは業種によって用途は異なりますが、多様な業界での活用が広がっています。株式会社SGSでは、現場での3Dレーザースキャナー計測から点群データ合成処理、3Dモデリング、3D-CADデータ作成まで一貫して行うことが可能です。3D点群データの外注をお考えの方は、ぜひご連絡ください。

株式会社SGSでは、計測機器のレンタル・販売にも対応しています。気になる点やご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

3D点群データ作成でお悩みなら株式会社SGSへ!

会社名 株式会社SGS
住所 〒530-0051 大阪府大阪市北区太融寺町2−22 梅田八千代ビル4階
TEL 06-6355-4545
FAX 06-6355-4590
URL https://www.df-sgs.co.jp/
代表者 久松 秀雄
資本金 9,000,000円
事業内容
PAGE TOP