土木・建築・道路工事等で3D測量の導入をお考えなら3Dスキャナーの販売・レンタルを行う【株式会社SGS】へ~ジェネレーションギャップを埋める3D測量~

3D測量を行うなら3Dスキャナーの販売・レンタルを行う【株式会社SGS】へ~計測の依頼や製品の価格に関するご質問はお気軽に~

3D測量を行うなら3Dスキャナーの販売・レンタルを行う【株式会社SGS】へ~計測の依頼や製品の価格に関するご質問はお気軽に~

3D測量を行う際は、3Dスキャナーの販売・レンタルを行う【株式会社SGS】にご連絡ください。【株式会社SGS】では、3Dスキャナーの販売・レンタルをはじめ、3Dスキャナーを使った計測の依頼も随時承っております。

土地の形状や施設環境に応じた各種3Dスキャナーをご用意しておりますので、3D測量を実施する予定の企業様は、お気軽に【株式会社SGS】までお電話ください。計測の依頼や製品の価格に関するご相談をお待ちしております。

ジェネレーションギャップを埋める3D測量

ベテラン設計者は、紙から2D測量を展開していくのが主流でした。しかし、現代の測量では2Dではなく3D測量から始めている人が多い印象です。

この世代間で生まれやすいのが、ジェネレーションギャップですが、これを埋めるためには3D測量の導入がキーワードになります。熟練世代と若手世代で、最もジェネレーションギャップが生じる原因は、3D測量に対する双方の考え方の相違が挙げられます。

どうしても90年代までは、3Dで製図をする考えはありませんでした。そのため、熟練の設計者はパソコンを使って製図することはほとんどなく、2Dの平面図とペンを使って製図をするのが一般的でした。しかし、3D測量を導入することで、多角的な方向でも視覚的にチェックしながら設計を進めることができますので、経験が浅い若手設計者でも、比較的容易に設計作業を進めることができるといったメリットがあります。

また、2Dの平面図では、熟練のスキルがないと見落としてしまう設計ミスでも容易に発見することができます。さらに、熟練世代も若手世代と同じ立場で仕事ができるようになり、お互いが協力して作業効率を格段に向上させることも可能となります。

3Dスキャナー計測時の3DCADデータ化やソフトの開発もお任せください!

3Dスキャナー計測時の3DCADデータ化やソフトの開発もお任せください!

3Dスキャナー計測の際に、その後のデータ処理にお困りの企業様も多いのではないでしょうか?

【株式会社SGS】では、収集した必要データを3DCADデータ化してお渡しいたしますので、計測後の煩わしいデータ処理の手間がかかりません。また、データ処理ソフトの開発・販売も行っておりますので、ご希望の際はお気軽にお問い合わせください。

3D測量の委託や機器のレンタルなら【株式会社SGS】

会社名 株式会社SGS
住所 〒530-0051 大阪府大阪市北区太融寺町2−22 梅田八千代ビル4階
TEL 06-6355-4545
FAX 06-6355-4590
代表者 久松 秀雄
事業内容
  • 3Dスキャナー計測、レンタル、データ解析
  • サーマルカメラによる防災監視
  • 固定式3D計測システム「Ten-goo」販売、レンタル
  • GPS/GNSS 販売
  • ソフト開発、販売
  • 計測機器レンタル、販売、修理
URL https://www.df-sgs.co.jp/
PAGE TOP