3Dデータが取集できるスキャナーのレンタルは【株式会社SGS】へ~CADの変遷を追う~

3Dデータ計測用のスキャナーのレンタルは計測のアウトソーシングにも対応する【株式会社SGS】へ~レンタルの価格に関するご質問・ご相談はお気軽に~

3Dデータ計測用のスキャナーのレンタルは計測のアウトソーシングにも対応する【株式会社SGS】へ~レンタルの価格に関するご質問・ご相談はお気軽に~

【株式会社SGS】では、3Dデータ計測用スキャナーレンタルをはじめ、計測の受託も行っております。

計測したデータは自社で処理して、3DCADへの変更までを行いますので、お客様はデータ処理に時間を取られることなく、通常業務に専念していただくことが可能です。また、データ処理用のソフト開発及び販売も行っておりますので、ぜひ業務の円滑化にご活用ください。

レンタルの依頼や価格に関するご相談は、お電話・FAX等からお気軽にお問い合わせください。

3Dスキャナーのレンタルとご一緒に赤外線サーマルカメラのレンタルもいかがですか?

3Dスキャナーのレンタルとご一緒に赤外線サーマルカメラのレンタルもいかがですか?

3D対応のスキャナーのレンタルを行う【株式会社SGS】では、FARO・Leica・HERONなどの各メーカー様のスキャナーをご用意しております。持ち運びに便利なタイプや、固定式のタイプなど、お客様の使用環境に最適な製品のご提案をいたします。

また、赤外線サーマルカメラのレンタルにも対応しております。熱感知に優れた赤外線サーマルカメラは、夜間の真っ暗な中でも監視することが可能ですので建築物の保守点検や防犯対策等に最適です。

外径寸法や仕様の詳細は、HPに記載していますので、興味のある方はお気軽にお申し付けください。

CADの変遷を追う

CADが登場したのは1963年です。1965年に航空機設計用のCADAMが誕生してからは、急速に実用化が進みました。CADが本格的に一般企業へ導入されたのは1980年代頃とされています。しかし、この時代までは、ごく一部の大学や研究機関でのみ利用されていました。

1990年代でも、国内の大手メーカーでは試験的にCADを導入するようになりましたが、まだまだ導入数は少ないままでした。商用CADで設計する企業が少なかった理由は、機械の価格が高かったことで、設計力や発明力がある企業でも手が出なかったからだと考えられています。

しかし、2000年代に入ると、Windows NTシリーズが発表され、ハードの性能が飛躍的に向上しました。これを機に、製造業界全体でCADが認知されるようになったことから、価格も相対的に下がるようになり、製造へ移す段階でCADが普及し始めるようになったとされています。

スキャナーのレンタルをご希望の方は【株式会社SGS】

会社名 株式会社SGS
住所 〒530-0051 大阪府大阪市北区太融寺町2−22 梅田八千代ビル4階
TEL 06-6355-4545
FAX 06-6355-4590
代表者 久松 秀雄
事業内容
  • 3Dスキャナー計測、レンタル、データ解析
  • サーマルカメラによる防災監視
  • 固定式3D計測システム「Ten-goo」販売、レンタル
  • GPS/GNSS 販売
  • ソフト開発、販売
  • 計測機器レンタル、販売、修理
URL https://www.df-sgs.co.jp/
PAGE TOP