3Dスキャナーのレンタルを依頼するなら【株式会社SGS】へ(建築・工場などに活用できる高精度な製品をお届け)~非接触式の3Dスキャナーの仕組みについて~

3Dスキャナーをレンタルするなら【株式会社SGS】へ依頼を~建築・工場などに活用できる高精度な製品をお届けします~

3Dスキャナーをレンタルするなら【株式会社SGS】へ依頼を~建築・工場などに活用できる高精度な製品をお届けします~

3Dスキャナーレンタルを検討している方は、【株式会社SGS】へお申しつけください。

【株式会社SGS】では建築工場などに活用できる高精度な3Dスキャナーをレンタルで提供しており、計測のアウトソーシングについても承ります。レンタル可能な3Dスキャナーの詳細につきましては、サイト内に掲載していますが、万が一、ご不明な点等がございましたらお気軽にお問い合わせください。

3Dスキャナーのレンタルのご依頼は【株式会社SGS】へ~全国対応可・明朗見積りで安心~

3Dスキャナーのレンタルのご依頼は【株式会社SGS】へ~全国対応可・明朗見積りで安心~

3Dスキャナーのレンタルに対応する【株式会社SGS】は、沖縄から北海道まで全国からの依頼に対応致します。

お見積りの際には出張費用も含めて明朗な料金を提示致しますので、より安心してご依頼頂けます。万が一、お見積りの内容に疑問等がございましたらお気軽にご質問ください。お客様に納得して頂けるまで、親切・丁寧に対応してまいります。

非接触式3Dスキャナーの仕組みとは?

3Dスキャナーは現在多くの業界で用いられています。その仕組みは、3Dスキャナーには接触式と非接触式があり、レーザーを照射して情報を取得する非接触式3Dスキャナーには様々な方式があります。ここでは、非接触式3Dスキャナーの代表的な方式の仕組みをご紹介致します。

三角法方式

三角法方式とは、ラインレーザーを交差させた状態で対象物に照射し、その反射光をセンサーで取得した後、三角法で計測する方式です。この方式は高精度な計測が可能である一方、計測できる範囲が狭く、最大数メートルほどと考えて差し支えありません。こうした理由から、建築物など大型の対象物の計測にはあまり適していません。

タイム・オブ・フライト方式

タイム・オブ・フライト方式とは、その名の通り、レーザーを対象物に発射しそのレーザーが反射して返ってくるまでの時間を計測して距離を算出する方式です。この方式は、一般的に何百・何千メートルの距離を計測できることから、広範囲に及ぶ対象物(建築物など)の計測も難なく行うことができます。

フェイズシフト方式

フェイズシフト方式とは、複数に変調させた光を対象物に照射し、反射して戻ってきた光の位相差によって、対象物との距離を計測する方法です。タイム・オブ・フライト方式と似たような方式ですが、フェイズシフト方式は大量の点群データを短時間で取得できるというメリットがあります。

3D・レーザースキャナー測量に関するコラム

3Dスキャナーのレンタルは【株式会社SGS】

会社名 株式会社SGS
住所 〒530-0051 大阪府大阪市北区太融寺町2−22 梅田八千代ビル4階
TEL 06-6355-4545
FAX 06-6355-4590
代表者 久松 秀雄
事業内容
  • 3Dスキャナー計測、レンタル、データ解析
  • サーマルカメラによる防災監視
  • 固定式3D計測システム「Ten-goo」販売、レンタル
  • GPS/GNSS 販売
  • ソフト開発、販売
  • 計測機器レンタル、販売、修理
URL https://www.df-sgs.co.jp/
PAGE TOP