赤外線のサーマルカメラで不審者の侵入を防止するなら【株式会社SGS】が扱う防災監視のカメラを~暗視カメラとサーマルカメラとは~

赤外線のサーマルカメラで不審者の侵入を防止する

赤外線のサーマルカメラで不審者の侵入を防止する

赤外線サーマルカメラで不審者の侵入を防止しようとお考えの方は、【株式会社SGS】をご利用ください。

【株式会社SGS】では、煙・霧により見通しが悪い状況や夜間でも監視を可能とするサーマルカメラをご提供しております。温度を持つ物体は熱エネルギー(赤外線)を発散していますが、この赤外線の波長は温度によって異なります。

サーマルカメラではその赤外線の波長分布や強さを捉えて色をつけて映像化しているため、遠く離れた場所の熱源を捉えるのにも優れています。照明などの付帯設備を必要としないため、コストを抑えた監視が可能です。

赤外線のサーマルカメラをお探しなら【株式会社SGS】が扱う防災監視のカメラ

赤外線のサーマルカメラをお探しの方は、【株式会社SGS】が扱う防災監視のカメラをご検討ください。こちらのカメラは、防水・防塵に優れており、-40℃~55℃の温度に使用可能です。また、耐風速40m/s、耐振動2G、耐衝撃30Gなど、驚異の耐久性を持ちます。

上下左右360度に回転するカメラにより、対象を逃すことなく捕捉できますので、防災・防犯に優れたカメラをお探しの方はぜひ【株式会社SGS】にお問い合わせください。

暗視カメラとサーマルカメラの違い

暗視カメラとサーマルカメラの違い

暗いところでの撮影に優れているとして知られる暗視カメラとサーマルカメラですが、この2つには大きな違いがあります。

暗視カメラは「高感度カメラ」とも言われており、光に対しての感度を増幅させて昼間のような映像を映し出せます。撮影をするためには最低でも1Luxの明るさが必要で、真っ暗闇での撮影には向きません。

一方でサーマルカメラは、温度を持つ物体が発する赤外線を捉えることで映像を映し出します。明るさを基準として撮影しないので、最低照度が0Luxでも撮影ができます。暗い場所での撮影には、ぜひ【株式会社SGS】のサーマルカメラをご検討ください。

3D・レーザースキャナー測量に関するコラム

赤外線のサーマルカメラをお探しなら【株式会社SGS】

会社名 株式会社SGS
住所 〒530-0051 大阪府大阪市北区太融寺町2−22 梅田八千代ビル4階
TEL 06-6355-4545
FAX 06-6355-4590
代表者 久松 秀雄
事業内容
  • 3Dスキャナー計測、レンタル、データ解析
  • サーマルカメラによる防災監視
  • 固定式3D計測システム「Ten-goo」販売、レンタル
  • GPS/GNSS 販売
  • ソフト開発、販売
  • 計測機器レンタル、販売、修理
URL https://www.df-sgs.co.jp/
PAGE TOP