3Dスキャナーでの測量サービスを提供!2DCADと3DCADの違い 高精度レーザーで建築分野も対応!

CADには、2Dと3Dがあり、それぞれ特徴が異なります。用途に合わせて選択することで、より便利に利用できるでしょう。

こちらでは2DCAD・3DCADの特徴と3Dスキャナーが測量しにくいものを、3Dスキャナーを使った測量サービスを提供している株式会社SGSがご紹介します。

「2DCAD」と「3DCAD」の違い

Difference between

2DCADと3DCADは同じCADでも、大きな違いが4つあります。

1.2DCADと3DCADの違い

・視点

2DCADの視点は、平面図・正面図・側面図です。1つの視点から見た構成を、平面で描いています。確認できる視点は固定されており、他の視点から図を確認する場合は、新たな図面を用意しなければいけません。

一方で3DCADの場合、コンピュータ上の仮想の3D空間に、立体で形状を作成します。確認できる視点が固定されておらず、どの視点からでも立体的に見ることができます。

・役割

2DCADの役割は、主に平面上で図面を作成することです。また、初期段階で設計図を試作する際に用いられることもあります。

一方で3DCADは、立体の作成や体積、質量、重心なども算出でき、設計の検証としての活用もできるでしょう。

・作成の特徴

2DCADは、x、y、zを使った三角法の視点で図面を作成しています。正面・平面・側面から見たイメージは、縦横2つの軸で表します。

3DCADになると、立体作成方法が3つに分かれます。ワイヤーで頂点と頂点をつなぐ線で作成するワイヤーフレームモデル、面の集合体で表面のみを作成するサーフェスモデル、そして中身の詰まった立体を作成するソリッドモデルがあります。

・図面管理

2DCADは、視点ごとにファイルを作成するため、図面を作成するたびに管理するファイルも増えます。

3DCADの場合は、立体的なモデルを作成したのち、必要な視点の図面を2Dに切り出すことができます。管理するデータ数の削減やミスで発生する工数を削減できるでしょう。

2.2DCADのメリット・デメリット

2DCADは、手書きで図面を描くように、直感的に図面作成ができる点がメリットです。手書きでもできる作業ですが、コンピュータで作成することでより短時間で正確な図面作成ができます。

一方で、平面での作図しかできない点が最大のデメリットです。3D視点への変換が困難で、視点が複数必要な場合は、その都度作図をしなくてはいけません。ファイルも多くなり、管理が複雑化するでしょう。

3.3DCADのメリット・デメリット

3DCADは、立体で図面を作成するため、多くの視点から確認が可能です。より完成形をイメージしやすいというメリットがあるでしょう。また、動作検証もできます。

しかし、デメリットになるのが導入コストです。高度な機能を搭載しているため、メモリが大きくハイスペックなPCを必要とします。

株式会社SGSでは、3Dスキャナーの販売やレンタル、測量サービスなどを行っております。高精度なレーザースキャナーを取り扱っているため、建築分野でも多くご利用いただいております。

3Dスキャナーを使用した測量サービスや、3Dレーザースキャナーのレンタル・購入をご検討の際は、ぜひ株式会社SGSにご相談ください。

3Dレーザースキャナーが計測しにくいものとは?

scanners to measure

3Dスキャナーには、計測できないものがあります。

1.黒いもの

黒は、可視光線全てを吸収している状態で、正確には色ではありません。レーザー光が吸収されるため、スキャナー側で反射光が取得できないため、計測不能です。

2.水

水は、レーザーの光を反射させたり屈折させたりします。野外で雨が降っている状態だと計測ができないため、雨が上がるまで待たなくてはいけません。

雨があがっても、水たまりなどはレーザー光に干渉するため、計測には注意してください。

3.鏡

鏡や光沢がある金属は、光をよく反射します。レーザースキャナーは反射を苦手としており、3Dスキャナーでは計測不能です。

4.透明なもの

ガラス・ビニール袋といった透明な物体も、計測がうまくできません。光を通過させる性質を持っているため、レーザースキャナーから排出された光も通過してしまうのです。

株式会社SGSは、3Dスキャナーを使用した測量サービスを実施しております。建築分野でも大活躍している3Dスキャナーは、今やなくてはならないものになっています。

高精度の製品のみを扱っており、3Dスキャナーの販売やレンタルも行っております。測定サービス、購入・レンタルをご希望なら、ぜひ株式会社SGSにご依頼ください。

建築分野でも活躍する高精度な3Dスキャナーを使った測量サービスをご提供!

3Dでは、2Dではできなかった様々なことができるようになります。しかし、大事なのは用途に合わせて使用するということです。

3Dにするとコストもかさみやすいため、2Dでよいところは2Dで、とどちらも利用している業者が多いでしょう。

株式会社SGSでは、3Dスキャナーを使った測量サービスを実施しております。実際に建築分野でも活躍している精度が高い3Dスキャナーをレンタル・購入可能です。

測量サービスを利用したい、3Dスキャナーを購入・レンタルしたいとお考えなら、ぜひ株式会社SGSにご相談ください。

3Dスキャナーの測量サービスは、株式会社SGSにお任せください!

会社名 株式会社SGS
住所 〒530-0051 大阪府大阪市北区太融寺町2−22 梅田八千代ビル4階
TEL 06-6355-4545
FAX 06-6355-4590
URL https://www.df-sgs.co.jp/
代表者 久松 秀雄
資本金 9,000,000円
事業内容

カタログダウンロード

イプロスカタログダウンロード

PAGE TOP