高精度な3Dスキャナーの選び方 価格以外の決め手は?導入・レンタルをお考えの企業様必見

高精度な3Dスキャナーを導入するといっても、どの製品を選べばいいのかわからず頭を悩ませてしまうかもしれません。やみくもに高精度な製品を選んでも、高価格であったり、オーバースペックになってしまう場合があります。

こちらでは、失敗なく3Dスキャナーを選ぶための5つのポイントをピックアップして解説いたします。導入・レンタルをお考えの企業様はぜひご覧ください。

3Dスキャナーを選ぶ5つのポイント

FARO Focus3D

精度

3Dスキャナーの性能をチェックする際に最も重要なのが精度です。ただし精度といっても、長さの精度(誤差)や繰り返し測定の精度、点群のバラつきなど、メーカーによって様々な基準があります。大切なのは3Dスキャナーが用途に適した精度であるかどうかです。

例えばごく小さいものをスキャンする場合は、細部までキャプチャできる高精度なスキャナーを選ぶ必要があります。用途に合った測定法やスペックを踏まえて、最適な精度を選びましょう。

解像度

スキャン・デバイスの解像度についても検討が必要です。解像度が高いほどより詳細な3Dデータを得ることができます。ただし解像度が高いほどデータは重くなり、処理にも時間がかかります。速度を重視する場合は用途に応じて解像度を選択することが大切です。

据え置きかハンディタイプか

3Dスキャナーには主流である据え置きタイプと、手に持って使うハンディタイプがあります。据え置きタイプは手振れしにくく大きな物体のスキャンに向いています。ハンディタイプは手振れしやすいものの、読み取りにくい部分もスキャンしやすく、自由度の高さがメリットです。使いやすさも考慮して選びましょう。

価格

価格は、購入を決定する際に考慮すべき重要なポイントです。3Dスキャナーの価格は、機能やデータの品質・速度に応じて幅広い差があります。高品質の3Dスキャナーは価格が高めですが、誤動作の可能性が低く、長期間利用することができます。

低価格の3Dスキャナーは魅力的ではありますが、価格と品質のバランスを考えた上で選びましょう。価格を抑えるにはレンタルも一つの選択肢です。

サポート体制

3Dデバイスは購入後のメンテナンスが不可欠です。各メーカーで購入後のサポート体制は異なるため、長く使うためにも保証が手厚く、修理費用や消耗品が安い製品を選びたいところです。導入後の故障や不具合への対応、バージョンアップ、トレーニングサービスなどがあると安心です。

高精度3Dスキャナーの導入・レンタルをお考えなら株式会社SGSへ!価格のご相談やデモ計測承ります

案内する作業服の男性

数ある高精度3Dスキャナーの中で、用途に適したものは何か悩んでしまう場合は、お気軽に株式会社SGSまでご相談ください。

株式会社SGSでは、高精度3Dスキャナーの販売やレンタル、点群データ合成、パノラマ写真作成、モデリングデータ作成、3DCADデータへの変換まで、お客様のご要望に応じたサービスを提供しています。

お客様が3Dスキャナーを安心してご利用いただけるよう、導入から運用まで一貫してサポートいたします。レンタル・価格のご相談やデモ計測も承りますので、お気軽にお問い合わせください。

高精度3Dスキャナーの導入・レンタルを検討中の方は株式会社SGSへ

会社名 株式会社SGS
住所 〒530-0051 大阪府大阪市北区太融寺町2−22 梅田八千代ビル4階
TEL 06-6355-4545
FAX 06-6355-4590
URL https://www.df-sgs.co.jp/
代表者 久松 秀雄
資本金 9,000,000円
事業内容

カタログダウンロード

イプロスカタログダウンロード

PAGE TOP