3Dスキャナーレンタル時の選定基準と業界での活用事例・メリット・取得情報

3Dスキャナーレンタルの際には、どのようなポイントに注目して製品を選ぶべきなのか、基準について迷うかもしれません。そのため3Dスキャナーのレンタルを考える際には、様々なメリットや業界ごとの活用事例などの情報を知っておくことが大切です。今回は、3Dスキャナーの選び方の基準や業界ごとの活用事例、メリットをご紹介します。

3Dスキャナーの選定基準

Some things to know when renting a 3D scanner

3Dスキャナーをレンタルする際には、どういった点を意識してスキャナーを選んでいくべきか基準に迷うものです。購入やレンタルを考える際には、まず以下の選び方の基準を整理しておきましょう。

色情報の取得について

色情報の取得が可能なものを選ぶか、それとも色情報については無視するかで、どのような3Dスキャナーが必要になるかは変わってくるでしょう。形状のみなら色情報は不要ですが、パノラマ画像の作成など色の取得が必要な場合は、色情報の取得はできるかという機能をチェックしておく必要があります。

マーカー式か

マーカーをスキャンするものに貼り付けて認識させると、より高精度のスキャンが可能になる場合があります。そのためマーカー式の3Dスキャナーを選ぶと、形状のデータ取得がより高精度になることが期待できますが、あくまで傾向なので、スキャナーの機能や対象物によって異なることはあらかじめ認識しておきましょう。

パウダー

3Dスキャナーは、透明なもの、黒色のもの、光沢などのツヤが目立つものは、データ取得がうまくいかない場合があります。このときツヤをなくすパウダーをスプレーできるものは、データ取得の妨げにならない可能性があるのです。

メンテナンス・サポートについて

レンタル・購入いずれの場合においても、サポートの充実度やメンテナンスサービスの有無などはできるだけ事前に確認しておきましょう。より優れているものを選んだ方が、トラブルがあった際にも困りません。

持ち運びのしやすさ

持ち運びのしやすさにこだわるなら、コンパクトなサイズか、軽量か、ワイヤレスに対応しているかなどにも注目しておくことが重要です。

3Dスキャナーの業界における活用事例

一般的に3Dスキャナーはどのような場面で活用されているのでしょうか。レンタルを考える際には、主に以下の活用事例を知っておきましょう。

  • 部品の3DCADデータ化(自動車業界)
  • 3Dスキャナー→3Dプリンターで試作の制作(自動車業界)
  • 図面のない製品を3Dスキャナーによってデータ化(包装業界など)

このように3Dスキャナーは、3Dデータの取り込み・管理を可能にすることによって、あらゆる業界の作業効率アップが見込めるのが特徴です。

3Dスキャナーレンタルのメリット・デメリット

Advantages and disadvantages of 3D scanner rental

ここではレンタル・購入を考える際のポイントとして、3Dスキャナーが持つメリットとデメリットを詳しく見ていきましょう。

3Dスキャナーのメリット

メリットとして挙げられるのは以下の3点です。

  • あらゆる位置から断面図を作成できる
  • 立ち入り不可能な場所のデータの取得が可能
  • あらゆる形状のデータ化が可能

3Dスキャナーのレーザーを照射すれば、あらゆる位置から対象物の形状や色などの情報を取得し、3Dデータの作成をスムーズに行うことができます。3Dスキャナーを活用すれば、通常立ち入ることができない場所のデータを読み取ることも可能です。

3Dスキャナーのデメリット

3Dスキャナーをレンタル・購入する際には、以下のデメリットに注意が必要です。

  • 高精度のデータ取得には向かない場合もある
  • データ取得後の処理・管理には手間取ることもある
  • スキャンできないものもある

より高精度のデータ取得には向かないことがある点、ノイズ処理や複数のスキャンデータの統合など後処理に手間取ることがある点、スキャンできないものがある点などには、デメリットとして注意を払っておきましょう。

3Dスキャナーが取得する情報

3Dスキャナーは、以下のような3つの情報を取得することにより、対象物をデータとして取得していきます。

  • 座標値
  • 反射率

3Dデータを取得する上で欠かせないのは、まず1つ目の座標値です。スキャンによって点群が配置されます。また、レーザーがどれだけ反射したかによって、対象物の質感を測定するのです。色については、レーザーではなく内蔵のカメラによってRGBの色情報が取得されます。

3Dスキャナーのレンタル・購入をお考えなら株式会社SGSへ!

3Dスキャナーのレンタル・購入を検討する際には、選定の際にチェックしておきたい基準や、あらゆる業界における活用事例、そして取得する情報の仕組みなどを理解しておくことが大切です。3Dスキャナーでは、3Dデータの素早い取得が可能となっているため、様々な業界において作業効率アップにつながる機械として活用されています。レンタルや購入を考える際には、メリットや選定基準などにあらかじめ目を向けておきましょう。

株式会社SGSでは、お客様のご要望に応じた各種3Dスキャナーをご用意しており、販売やレンタル、3D計測、データ処理、3DCADデータへの変換までトータルなサービスを提供いたします。

3Dスキャナーのレンタル・購入なら株式会社SGS

会社名 株式会社SGS
住所 〒530-0051 大阪府大阪市北区太融寺町2−22 梅田八千代ビル4階
TEL 06-6355-4545
FAX 06-6355-4590
URL https://www.df-sgs.co.jp/
代表者 久松 秀雄
資本金 9,000,000円
事業内容

カタログダウンロード

イプロスカタログダウンロード

PAGE TOP