3Dスキャナーのメリット・導入事例・具体的な用途・仕組みを解説

3Dスキャナーの導入を検討するなら、メリットやその特徴、具体的な導入事例などをあらかじめチェックしておきたいところです。3Dスキャナーによって製品や部品などが3Dデータ化されれば、品質管理や量産などに役立ち、企業にとっては業務効率化につながるでしょう。今回は、3Dスキャナーのメリットや導入事例、仕組みについて解説します。

3Dスキャナーを導入するメリットとは?

Explaining the merits introduction examples specific uses and mechanisms

まずは、3Dスキャナーの導入を検討する際に知っておきたいこととして、3Dスキャナーが持つメリットを整理していきましょう。3Dスキャナーには、以下のようなメリットや特徴があります。

簡単な操作であらゆる測定が可能

3Dスキャナーを活用すれば、3Dデータはもちろんのこと、2Dデータの取得も可能となります。そのため測定やデータ取得が非常にスムーズになり、特に高精度なスキャンが可能なスキャナーなら、対象物の表面の状態や形状、厚みなどを細かく測定することが可能です。これによって製品や必要な部品を3Dデータ化し、業務効率化につなげられるというメリットがあります。

データによって製品の不具合チェックができる

3Dスキャナーによって3DのCADデータなどを比較すれば、差異をスムーズに確認することができ、それによって不具合等の原因究明の迅速化につなげることが可能です。

リバースエンジニアリングに役立つ

製品の仕組みや技術、設計を具体的なデータにするリバースエンジニアリングは、3Dスキャナーがあることによって非常に効率的になります。図面がない状態の製品に対しても、3Dスキャナーによってデータを取得すれば、スピーディーに図面の作成が可能です。

3Dスキャナーの導入事例や具体的な用途とは?

Introductory and usage examples

3Dスキャナーの導入を検討する際には、具体的な用途や事例などを知っておくとわかりやすいでしょう。

プレス業界における3Dスキャナーの活用事例

プレス業界においては製品一つひとつの品質を保つため、3Dスキャナーによって製品の3Dデータ化を行うことが品質管理に役立ちます。3Dスキャナーを用いることでプレス業界では、形状測定やスプリングバッグの解析なども行うことが可能です。

電子部品業界における3Dスキャナーの活用事例

基盤が接触不良を起こさないためには、実装基板の形状の測定を行った上で解析する必要があります。3Dスキャナーを使って基盤全体のスキャンデータを取得すれば、実装基板に見られる反りや変形などの不具合を素早く見つけることが可能です。

3Dスキャナーではどんなことができる?

3Dスキャナーでは、対象物にレーザーなどの光を照射することによって、物理的にどのような形をしているのか形状をデータとして読み取ることができます。

しかし、どのような形状や大きさのものでも、素早く3Dデータとして取得することができるわけではありません。スキャンの精度は機種によって異なり、習熟度によって測定の精度が変化する場合もあります。

そのため3Dスキャナーの導入を検討する際には、どういったものをスキャンするのか、用途に合わせて機種や価格を決めていく必要があります。

3Dスキャナーの仕組みはどうなっている?

3Dスキャナーは、レーザーやLEDなどから出る光がどう反射するかによって、形状のデータを取得しているのが特徴です。照射した光の反射率を測定することで、表面の形状を把握しているのです。

3Dスキャナーに採用される光照射の仕組みは、レーザー光線タイプとパターン光投影タイプの2つがあります。レーザー光線タイプは、スキャンする対象物に対してレーザーを照射することで、反射光をセンサーが見極めてデータに変換する仕組みです。

これに対してパターン光投影タイプの場合は、対象物に特有のパターン光を連続で投影することによって、そのパターンの変化から形状を認識するというのが特徴です。

3Dスキャナーの導入でお困りなら株式会社SGSへご相談ください

3Dスキャナーとはどのような機械なのか、どのようなメリットがあるのかなど、導入を検討する際には様々な点を見ておくことが重要となります。3Dスキャナーを使用し業務効率化につながったケースは多く、企業にとっては導入事例や用途、仕組みを理解することはとても大切です。

どの3Dスキャナーを導入するのが良いのかお困りの際には、株式会社SGSへぜひお問い合わせください。あらゆる用途で様々な形状を計測できる高性能な3Dスキャナーをご用意しております。販売・レンタルのご相談も承ります。

3Dスキャナーの導入事例や導入メリットに関するご相談もお気軽に!株式会社SGS

会社名 株式会社SGS
住所 〒530-0051 大阪府大阪市北区太融寺町2−22 梅田八千代ビル4階
TEL 06-6355-4545
FAX 06-6355-4590
URL https://www.df-sgs.co.jp/
代表者 久松 秀雄
資本金 9,000,000円
事業内容

カタログダウンロード

イプロスカタログダウンロード

PAGE TOP