FAROスキャナー「focus3D Xシリーズ」~レンタルや価格の相談にも対応~

FAROスキャナーの一つ「focus3D Xシリーズ」は、コンパクトでハイスピード計測が実現する3Dスキャナーです。こちらでは、focus3D Xシリーズの詳細と3Dスキャナーの精度についてご紹介いたします。

FAROスキャナーの購入やレンタルをお考えでしたら、FAROの正規代理店である株式会社SGSへご相談ください。

FAROスキャナーの一つ「Focus3D Xシリーズ」をご紹介

Focus3D Xシリーズ

Focus3D Xシリーズは、より詳細な測定と3Dドキュメント化に適したハイスピード3Dスキャナーです。直射日光にも対応できるため、屋内外を問わず短時間で正確な3D点群データが取得できます。タッチスクリーンで直観的な操作もできて、従来の3Dスキャナーと比較しても非常に革新的です。

また、非常にコンパクトで使いやすいので、建築物の立体図・複雑な構造物・生産施設・事故現場・大型部品など、あらゆる用途で利用可能です。

GPS搭載

GPS受信機を搭載することで、屋外でスキャンしたデータのつなぎ合わせも可能となりました。マルチセンサ機能には、コンパスとハイトセンサ、2軸補正センサがついています。

直射日光対応

3Dスキャナーなどの機械類は太陽光に弱く、直射日光を避けなければなりませんでした。しかし、Focus3D Xシリーズは太陽光に強く屋外での測定にも対応できます。

独立型ソリューション

持ち運びがしやすいスキャナーは、外部機構に接続せずに使用できます。バッテリーはフル充電で4.5時間持つため、長時間の測定にも対応可能です。

内臓カラーカメラ

3次元カラースキャンには、70メガピクセルの視差のないカラーオーバーレイを採用しています。

データマネジメント

データはSDカードに記録されますが、SCENEソフトウェアで後処理を行うためPCへのコピーも安全簡単です。

株式会社SGSでは、現地での3Dからその後の点群データ合成、パノラマ写真作成、モデリングデータ作成、3DCADへのデータ変換までを一貫して提供しています。もちろん、計測のみ・データ処理のみの要望にも柔軟に対応です。

3Dスキャナーの精度とは~レンタルや価格はまずは相談を~

指差しして説明するビジネスマン

3Dスキャナーとは、対象となる物体に3Dデジタイザとも呼ばれるレーザーや縞模様の光を当てて、反射光をカメラで読み取り3D化する機械です。レンタルまたは購入するにあたり「より精度が高いものを」と考える方も多いですが、そもそも「精度」とは何なのかご存知でしょうか?

3Dスキャナーの場合は長さや点群のバラつきなど様々な精度がありますが、精度を確かめるための基準がないため、各メーカーによって表現も精度の表し方も異なります。各メーカーはこれまで自社で販売してきた製品を基準に精度を表しているのです。

また、カタログで比較しようにもわずかな情報でしか判断できないため、精度を見極めるのが非常に難しくなっています。

そのため、物体の状態に合ったスキャニング方法を習得して、ソフトウェアの特性を理解しておくことが大切です。

あらゆるシーンで活躍する3Dレーザースキャナーを導入して、業務の効率化を図るなら株式会社SGSへお任せください。正確・スピーディーに計測する3Dスキャナー(FAROスキャナー)をご用意しています。レンタルや購入価格に関するご相談も承っていますので、気になることがあればお気軽にお問い合わせください。

FAROスキャナーfocus3Dに関することならご相談を!

FAROスキャナーfocus 3D Xシリーズを取り扱っている株式会社SGSは、FAROの正規代理店です。FAROスキャナーの販売はもちろん、レンタルや点群データ合成処理、モデリングデータ作成など、様々なご依頼に対応いたします。

お客様一人ひとりに合わせたサービスを提供していますので、FAROスキャナーに関する疑問・質問があればお気軽にお問い合わせください。

FAROスキャナーを取り扱う株式会社SGSへご連絡ください

会社名 株式会社SGS
住所 〒530-0051 大阪府大阪市北区太融寺町2−22 梅田八千代ビル4階
TEL 06-6355-4545
FAX 06-6355-4590
URL https://www.df-sgs.co.jp/
代表者 久松 秀雄
資本金 9,000,000円
事業内容

カタログダウンロード

イプロスカタログダウンロード

PAGE TOP